光線担当のプロのトップ若い部下

二か月ほど予行、仲よしからバイトはできないかと言明がありました。コンテンツを聞くとコンサートの範疇の設置手当だそうです。関心もありましたのでOKしました。コンサートの第一歩時間は19事例なのに、設置部下の集合時間は昼前8事例でした。ホールの隣でちょっぴり迎えるって機材を積んだ趣きの車両が入って来ました。私のようなバイトは7自身ほどいました。慌ただしく手解きが飛び始めました。ケースに入った機材から、範疇外装用のパネルその他たくさんのものが後から次に車両から出てきました。高い声の手解きが切れ目無く飛び交っていました。範疇設置役目、響、光線役目それらを設置するベテランたちが慌ただしく動いていました。私たちは指示されたものを支持された場所に退職し、指示された出し方で機材を器から出す、そんな感じでした。節目ついて静かになった内、光線役目が慎重に取り計らいを始めました。さすがにプロの技法には折り合いがないなとアマチュアの俺にも分かりました。パフォーマンスも無事に終わり、またあの忙しい動向で撤収が始まりました。俺は手解きを受けゆっくりと台車に乗せた機材を予行を見ながら範疇の上を移動していました。頭に何かが触れました。撤収まん中の光線の一部でした。光線担当のプロのトップ若い部下が俺に言いました。「こういう、どしろうとが!」って。俺は思いました。当り前じゃないか、どアマチュアだからバイトなんだよねと。どアマチュアにどアマチュアと見下しても何にもならないじゃないかと。但しこういう文句には毒素がありました。私の神経を誘ったのです。数分のち俺はバイト仲間に大声で呼び掛けました。「おーい、どアマチュア軍団、頑張るぞー」という。大人げない対応なのでしょうが、見下しには反対した方がいいのです。http://hat.achoo.jp/