上級生の言うことを聞かなければ罰せられる

小学生時代の話なのですが、裏山で遊ぶか、川釣りをするか、三角最初の「野球」をするか、そういった小学生時世でした。三角最初の野球は、一塁と三塁って最前こういう三つしかない少数でやっていた野球だ。稲刈りをした後の大きい田んぼは手元、すぐにできてナイスでした。中学に入って迷わず野球部に入りました。今はどうなのかよく分かりませんが当時の「先人」たちは連日実践後に下級生に「説教」するのが好物でした。その瞬間はぐったりでしたが野球そのものは好物でした。あの、バットの真っ芯にボールが当たったときの質感、左中間を抜き取れる長打、ひとたび味わうとその特色には抗えないという直感でした。二学年の後半に入ったあたりでしょうか。正式にステータスが決まり自分は正捕手になりました。キャッチャーミットの質感、マスクの質感が斬新でした。ピッチャーは学年で最高峰徒歩の速かったNちゃん。体のばねのせいか、主人のボールだけはすごく会話を立てました。単に主人のシュートボールを打てるヤツは相当いませんでした。顧問の師範は主人に直球、曲り目、シュート、こういう三つの球マテリアルだけ実践をするように提唱しました。自分にもミットの中で描き出すエンブレムは三つにしました。複雑なやり方や、投げるのにだめの増えることを避けたのではないでしょうか。私の読み込みは「感」でやりました。も意外にうまく行くことが多かったのは、主人の球威があったからです。見た目対戦も五校だけでした。ビギナー戦で優勝し、あなた大歓喜しました。但しその後は、準優勝立ち寄り。通常県内ビッグイベントに行くことはできませんでした。近年思えば一度も実践を休んですことがなかったような気がします。それ程野球がマニアだったのだと思います。でも。あの。「下級生は上級生の言うことを聞かなければ罰せられるのは当然です」という「因習」はスキンに合わなかったのです。ハイスクールではからきし野球をする気になれませんでした。バンドづくしの身辺を送りました。加えれば、あの「硬球」を触った間、「これで野球をするのか」とほんのり「びびった」結果かも知れないのですが。セフレ募集掲示板でセフレ探しならこのサイト